【貧乏マインド】なぜ宝くじが当たっても、すぐにお金を使い果たしてしまうのか?

雑談
この記事は約2分で読めます。

宝くじ1等の当選確率10万分の1

全国には、たくさんの宝くじ売り場があって、そこに並んで宝くじを購入している人がいます。
1枚300円だとして、10枚買う人もいれば、100枚買う人もいます。
宝くじの当選確率は、1等1000万分の1と言われています。

100枚分(3万円)買ったとしても、1等の当選確率は0.001%(10万分の1)です。

想像してみて下さい。
箱の中に10万枚の紙があり、その中に1枚だけ当たりと書いてある紙を選ばないといけないわけです。
1等の当選確率は雷が打たれる確率と同じと言われています。

しかし、このようなとんでもない確率でも、1等の宝くじが当たっている人もいるわけです。
ただ、1等の宝くじが当たる運の強い人がいる中で、破産している人の割合が高いのも事実です。
なぜ破産している人の割合が多いのかは、家を建てたり、豪遊したり、高価な買い物をしたりして金使いが荒くなる人がほとんどらしいのですが、その理由の根本にあるのは、その方に見合ってないお金が入ってきてしまっているからなのです。

その方のお金に対するリテラシーが低いので、たとえ運よく高額当選したとしても、お金に対する思考が当選金額とつりあっていないために、すぐにお金を使い果たしてしまい破産していくわけなのです。

つまり、運よく1等2億円が当たったとしても、お金に対するリテラシーが低い人は消費する物や、浪費する物ばかりにお金を使います。

成功者は宝くじを買わない理由

一方でお金に対するリテラシーがある人は、2億を消費する物や浪費する物に使うのではなく、資産になる物にお金を使い更に2億円を増やす使い方をします。

ただ成功者は宝くじを買いません。
それは、当選確率が低いので、お金の無駄使いもありますが、棚からぼた餅のような思考を持っていないので、お金を得たいのであれば、運に任せる宝くじを買うのではなく、仕事や投資など自分の知恵と行動で稼ぐ思考を持っているので宝くじには手を出さないわけです。

宝くじを買う人は楽して儲けたい、一発逆転したいという思考の持ち主なので、その人が仮に1等を当選したとしても、すぐに使い果たしてしまう確率が高いわけです。
なので、宝くじにお金を使うのであれば、自分の自己投資にお金を使った方がよっぽど、将来のリターンがあるので、宝くじに回せるお金があるのであれば、そのような使い道をしていく方が賢明です。

 

”宝くじ(運任せ思考)に夢を託すのではなく、自己投資(自力型思考)にお金を使おう!”

コメント

タイトルとURLをコピーしました