本を読む【読書をする】人生と本を読まない【読書しない】人生では仕事も生き方も圧倒的に差が出ます

本を読む雑談
この記事は約4分で読めます。

本を読む【読書をする】ことがいい理由

あなたは、読書をしますか?

月に本を何冊読みますか?

本を読んだ方がいいと、誰しもが思っていることですが、しかし、本を読んでいるという成人の人は、60%で、本を年間で1冊も読んでいないという人は40%もいるという現状です。

学生の頃は、学校に行っていたので、勉強が嫌いでも本を読まざるをえない状況だったのが、成人になると10人中4人は、本を読まないという結果になっています。

もし、今あなたの現状が、満足いっていないのであれば、本を読むことをお勧めします。

ほとんどの人は、本を読むことはいいことと分かっているのに、読まない人が4割いる。

それは、仕事で本を読みたくても時間がない人。

本を読むのが面倒な人や、活字が苦手という人。

人それぞれ様々な事情があって、本を読んでいないという方がいます。

そこで、なぜ本を読む【読書をする】ことがいいのかを解説していきます。

本を読むことで、どのようになるのか、本を読むメリットをいくつか解説していますので、本を読みたいけど、読めていない人や、本を読むのが苦手な人は、参考にして頂けたと思います。

 

仕事も生き方も圧倒的に変わる【本を読む人読まない人の決定的な差】

メリット1,本を読むことで頭が良くなる、知識を吸収できる

例えば、学校のペーパーテストに受かるのに、必要最低限の知識が平面的だとすれば、本から得られる知識は立体的なので、年号の丸暗記で得た知識とは全く質が違うのでほぼ忘れることがない。

学生の頃、テストの日が近づくと、暗記の勉強をしたと思います。

歴史の年号や英語の単語など、丸暗記することが多かったでしょう。

しかし、社会に出れば、歴史の年号などは、仕事で使う場面がなくなります。

要は、暗記は知識が平面的であるということに対して、仕事や生活に活用できそうな本を読むことは、自分に対しての、知識を吸収することができるので、頭が良くなり、仕事に活かせたり、よりよい生活にしていくことが能動的にしていけるので、本を読んでいる人と、読まない人とでは、仕事も生き方も差が出てきてしまうということです。

事実、本を読んでいる人は、本を読んでいない人より、年収が高いという結果が出ています。

ということは、年収を高くしたいのであれば、本を読んでない人は、本を読んだ方がいいという結論になります。

 

メリット2,読書によって得られる知識と並んで考え方をも学び取ることができる

本を読まないよりは、読んだ方が人間世界の論理と秩序がより早く理解できるようになる。

本を読むことによって、論理と秩序が分かるようになると同時に、付随した知識も入ってくるので、知識が少ない人よりは、生活や仕事において有利になる、そして、自分の可能性が多くの方向へと広げることが可能になります。

 

メリット3,本を読む【読書をする】ことで言葉を知る【語彙数が増える】ことができる

本を読む【読書をする】と、語彙数が増えます。

逆に語彙数が少なければ、少ない語彙だけで言語表現をしなければいけないので、当然ながら貧弱なものになり、その分だけ相手から理解される度合いも少なくなります。

自分で本を読まない限り、言語表現の能力は、今以上に決して高くなりません。

読書をすれば、言語能力が高くなるだけでなく、自分の他の能力を高めることに全面的につながっていくようになります。

しかし、本を読まないと、自分で何かについてじっくり考えることが苦手になり、ついには自分で考えることをしなくなり、どうしてそうなるかという文章の論理というものが身につかないので、自分のことについても相手に上手く伝えることができなくなる。

よって仕事面や私生活に関しても、相手に言いたいことを上手に伝えるには、本を読むことで、必然的に語彙力が増え、論理的に文章を考えることができ、結果、相手にうまく伝えることができる。

 

まとめ:本を読むメリット!ワンポイントアドバイス

以上、本を読むメリットを紹介してきましたが、ワンポイントアドバイスとして、ある事柄について、調べる時や、知識を身につけたい時は、1冊だけで結論づけるのではなく、何冊か本を読んでおいたほうが、何冊もの本を読むことによって今まで常識だと思い込んでいたものが、偏見だったとわかることがきるので、なるべく多くの本を読んで吸収しておくことがよいでしょう。

 

その他、本を読むことによって得られるメリットは、魅力的な人になれたり、相手から尊敬されたり、頼られたりするので、本を読まない選択肢はないと言えます。

1冊数百円~数千円で、自分磨きができて、コスパがかなりいいのが読書です。

これまで、本を読まなかった人は、これを機に本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました