「本は身銭を切る」「つまらない本は読まない」早く知識を吸収したいなら自己投資を惜しまない

身銭を切る本雑談
この記事は約5分で読めます。

つまらない本(有益でない本)は時間のムダ!

昨日の自分より少しでもレベルを上げてくれる生産的活動で最も身近でコスパのいい勉強は読書でしょう。

自分のレベル(知識)を上げたいなら本を読む、本を読む習慣がない人は、毎月一冊でもいいので少しずつ読む習慣を身につけるようにしましょう。

なぜなら自分のアウトプット(知識量など)が少ないのは、インプットの量が少ない事が一つの原因でもあります。

なので、本を読むことで、あなたのレベル知識量が上がり、インプット量が増え、本を読んでない人達との差を広げることができます。

本を購入する際は、一度に大量に購入するのではなく、できるだけ一冊ずつ購入して、購入したら、できるだけすぐに、もしくは、購入したその日に読み始めることです。

なぜなら、本を探している時に、読みたい本が見つかったら、その時が一番読みたいタイミングのピークで、一番効率よくその本の情報を吸収できるからです。

読書家の人で、本はまとめて大量に買うという人もいますが、本も読まない人や、あまり読書をする習慣がない人は、大量に購入すると読みたいタイミングを逃すことがあるので気をつけましょう。

いざ本も読み始めたけど、これは面白くない、または自分に必要な情報が載っていないと感じたら、すぐに読むのをやめてください。

「せっかく買ったのだから。」と最後まで読む人がいますが、自分にとって有益でない本を読むのことは、時間の無駄になります。

こんな経験はありませんか?

面白い映画はずっと記憶に残っているけど、つまらない映画は全然内容の記憶がなく見た記憶もタイトルも忘れてしまっていることってありますよね。

それと本も同じで、自分が有益で為になる本は理解度が高くて、内容も覚えていて、つまらない(有益でない本)は全然内容が頭に残らないのです。

毎日忙しい人は、なおさら時間効率を上げなければいけません。

を読む時間を作ったはいいが、つまらない本(有益でない本)はスパッと読むのをやめて、次の有益になる本を見つけていきましょう。

書時間の捻出方法としては、入浴中に本を読むことをお勧めします。

船に浸っている時、ぼーっとしていることはありませんか?

その10分~15分何を考えずに、ただぼーっと浸っている間を、読書時間に充てれば、毎日忙しい人でも、何冊か読むことができると思います。

がしわしわになっても、全然気にすることはありません。

本は消耗品と思ってください。

本を大事にすることよりも、知識を吸収したほうが、よっぽど生産的ですから。

お風呂以外では、電車通勤ならスマホを見ていた時間を本を読む、テレビを見ている時間を本に充てるなど、スキマ時間は意外にすぐに作ることができます。

本を読む時間がないという人は、一度自分がどのように時間を過ごしているのかを計ってみることをお勧めします。

そうすることで、こんなことに、これだけ時間を割いているのかなど発見することができます。

毎日の行動を記録するアプリ「aTimeLogger」というアプリが便利なので、スマホにインストールして使ってみてください。

 

効率よく知識を吸収することは身銭を切ること

とにかく一番早く知識を吸収したいなら、自己投資(身銭を切ること)をお勧めします。

なぜなら人は、痛みを感じないと真剣にならないからです。

身銭を切れば、誰でも「必ず投資額の元を取ろう」と真剣に向き合います。

逆に無料だと、例えその情報が価値あるものだったとしても、その人自身が真剣に向き合わないため、せっかくの価値あるものが台無しになってしまいます。

結局のところ、その人自身の向き合い方で、価値あるものになるのか、無価値になってしまうのかが決まってしまうわけです。

なので、いわば、お金を払って自分の身銭を切ったことによって、強制的に真剣に向き合う状態を作り出せるわけです。

 

セミナーにはできるだけ参加するようにしよう

セミナーといっても、数千円から数万円と幅広くありますが、数百万円も出せる方は、なかなかいませんが、一般の方であれば、数万円程度であれば、少々高い金額のセミナーであっても、自分のスキルを上達してくれるものであれば、どんどん参加することです。

セミナーのいいところは、

・1日でスキルが身につくセミナーもある。
・時間を節約できる。
・疑問に思ったことや聞いてみたいことを直接聞くことができる。

 

短期間で早く吸収したいなら、少々高くても自分のスキル上達のためにどんどん参加するようにしましょう。

その方が結局安くかつ、早くスキルを吸収する事ができるからです。

 

本も身銭を切ることで吸収力が上がる

一番身近な自己投資は書籍類でしょう。

本も身銭を切ることをお勧めします。

本はセミナーほど高額でありませんが、それでも自分の身銭を切って購入するので、図書館で借りた本とでは、知識の吸収量が1/10ほどになるので、図書館で借りるのではなく中古品でもいいので、できるだけ身銭を切って下さい。

そして、もっとを効率よく吸収するコツとして、勉強したこと(知識を吸収)したことを誰かに教えてあげると格段に吸収力が上がるので、得た知識は、自分だけにとどめておくのではなく、誰かに話すのがおすすめです。

 

自己投資をすればトップ5%になるのは簡単

自己投資をすれば、トップ5%になるのは意外に簡単です。

「2:6:2の法則」を聞いたことがありますか?

これは世の中は大きく分けて、2:6:2の割合の人たちで構成されているという考え方です。

最初の2は、自分を向上させる気が全くない自己成長しないタイプ。

次の6は、向上させる気はあるが、行動に移せていないので、実際には向上しないタイプ。

この、2と6を足した8が全体の80%を構成していて結果的にほとんど進歩しない、もしくは全然進歩しないタイプに分類されます。

「80:20の法則」=「パレートの法則」と呼ばれ、これは所得分布の経験則というもので、「売り上げの8割は全従業員のうちの2割で生み出している」、「商品の売り上げの8割は全商品銘柄のうちの2割で生み出している」、「仕事の成果の8割は費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している」など全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説です。

つまり、上位2の人達だけが日々向上しようとコツコツ勉強をして自己投資を惜しまないタイプです。

なので、あなたが自己投資をし、勉強すれば、その時点で、すでにトップ20%の仲間入りできます。

そして、この20%の中で50%に入れば、全体のトップ10%になり、さらに頑張って、トップ20%に入れば、全体のトップ5パーセントに入ります。

トップ5%に入れるのは意外と簡単なのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました